【報告】松村雅美・粂井謙三門下生によるフレッシュコンサート ~ きままにトレモロ♪

長野県在住"お気楽プロマンドリニスト"友成貴司の公式ブログ。演奏会情報やオモシロ練習風景などを、相方りんこが綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のフレッシュコンサート、無事終了しました♪粂井先生・松村先生、特別出演の杉浦先生、そして出演者の皆さん!暑い中お疲れ様でした~ピンクハート打ち上げのビールがうまかったッスねビール

カメラBrilliant会場の写真です。換気扇はフル稼働。




カメラBrilliantリハでのオット。(本番中のはいい写真が撮れなかった…汗)

この日オットは、『第二アリア・ヴァリアータ』byカルロ・ムニエルを弾いたのでした~♪

カルロ・ムニエル Carlo Munier (1859-1911)
1892年ジェノバで開催された国際コンクールで1等受賞して以来、マンドリニストとして脚光を浴び始め、フィレンツェを中心に演奏家、作曲家、指導者として活躍。 生涯を マンドリンに捧げ、作品も独奏、重奏、合奏など 300ほどあり、"マンドリンの父" と呼ばれる。



ではでは第二アリア・ヴァリアータとはどんな曲なのでしょう絵文字名を入力してください

変奏曲デスよ?



変奏曲…ってのは、主題となる旋律を、変奏して、全体を一つのまとまった楽曲にすることである(byウィキペディア)とありますねー。

変な曲です。変ってゆーか、短いよね。変奏のヴァリエーションが2つしかないし。だからなんてゆーか、とってつけたような感じでおさまりが悪いてゆーか。


確かにー。聴いててコメントしづらい曲だよね。して、初めて人前で弾き終えた感想は?


むずかしーなーってカンジ('A`)



それだけ!?


聴かせるのが難しいと思ってた曲だけに。なんとか自前の表現力でもって聴きどころをつくりたいところではあったのだけど、果たして…(゚Д゚ )ムハァ


わかったようなわからんような。。。
まだまだ精進が必要なようです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kimamanitremolo.blog38.fc2.com/tb.php/3-c1562201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。